【同窓会までに痩せたい】酵素を無駄遣いする6つの原因!

同窓会までに痩せたいと思っていても、実際に痩せるのは難しいですよね。

 

もし、痩せることが出来なかった場合は、
「同級生には会いたいけど、それよりもこんな醜い姿を見せるのは耐えられない」と欠席することにもなりかねません。

 

そんな方に知って欲しいのが、痩せるためには酵素の力が必要だということです。
酵素は私たちの体の消化と代謝などの働きを促進してくれる効果があります。

 

実際、酵素が不足していない人は太りにくい体のやせ体質の方がほとんどです。
逆にいえば、太りやすい方は何かしらの原因で酵素が不足している場合があります。

 

では、同窓会までに痩せたいならどうすればいいのでしょうか?

 

同窓会までに2つのことを意識して痩せる

 

同窓会までに痩せたいなら、次の2つのことを意識します。

 

・酵素をたっぷり摂ってあげる
酵素は残念ながら歳を重ねるごとに減ってしまう特性があるため、
外から体に酵素を取り入れてあげる必要があります。

 

酵素のことについては下記の記事で詳しく知ることができます。

 

・酵素を無駄遣いする食べ物を避ける

 

こちらはもう一つの意識する方と逆で、外から体に入れることで酵素を大量に消費してしまう食べ物が存在します。
そのような食べ物ばかり食べていると、体の中の酵素が不足して「同窓会までに痩せたい」と思っても絶対に痩せれません。

 

同窓会までに痩せたいなら、酵素を無駄遣いする食べ物を意識することが必要不可欠になります。

 

では、酵素を無駄遣いする原因はなんでしょうか?
次で酵素を無駄遣いする原因についてお話ししたいと思います。

 

 

酵素を無駄遣いする6つの原因と対策法

 

酵素を無駄遣いする原因は大きく分けて6つあります。
同窓会までに痩せたいなら、その6つの原因と対策法を知ることが必要不可欠です。

 

動物性たんぱく質

 

私たち人間はたんぱく質分解酵素をあまり持っていません。
それなのに動物性たんぱく質(肉や魚)を大量に食べると、消化酵素を無駄遣いするだけでなく、
消化不良を起こして窒素残留物をつくります。窒素残留物は腸内の悪玉菌のえさとなり、異常発酵を起こして血液を汚します。

 

対策法

 

同窓会までに痩せたいなら肉や魚ばかり食べるのはやめましょう。
肉や魚を減らす代わりに、消化されやすい状態になっている大豆製品(豆腐など)から植物性たんぱくを中心に摂るようにしましょう。
植物性たんぱく質に置き換えるだけでも、かなりの酵素を体に残しておくことができ、痩せやすい体にすることが可能です。

 

砂糖

 

色んな食べ物に使われている砂糖も実は酵素を大量に消費します。
上砂糖や三温糖、グラニュー糖、氷砂糖などは、果糖とブドウ糖が結合した二糖類であるショ糖が主成分です。

 

果糖とブドウ糖は消化されやすいのですが、二糖類になったものは結合が強く、分子の結合を切り離すために大量の酵素を消費します。

 

対策法

 

同窓会までに痩せたいなら、甘みはくだものや果糖、ミネラル成分を多く含くむ黒砂糖やてんさい糖、
麦水あめやはちみつなどからとるのが効果的です

 

食品添加物

 

コンビニ弁当や総菜に使われている食品添加物。これも酵素を大量に消費させる原因の1つです。
日本人は1年間に4〜8sの添加物を口にしていると言われています。その中には酵素阻害剤の重金属の鉛や水銀が、ごく少量ですが含まれています。

 

鉛はアミノレプリン酸脱水酵素の働きを阻害して貧血を起こすきっかけとなりますし、水銀は細胞膜に悪影響を与えます。

 

対策法

 

同窓会までに痩せたいなら、食品添加物を使った加工食品を出来る限り遠ざます。
そして、自然のままの食べ物を選ぶようにしましょう。

 

種子

 

玄米や大豆、小豆といった植物の種子にはアブシジン酸やトリプシンインヒビターなど酵素を大量に消費する物質が含まれています。
種子を生で食べた場合が酵素を大量に消費するので生で食べてはいけません。

 

対策法

 

同窓会までに痩せたいなら、まずナッツやごまは出来るだけ控えることが基本です。
しかし、どうしても食べたくなったら十分に加熱することで酵素阻害物を取り除くことができます。

 

また手で取り除ける大きさの、野菜やくだものの種は取り除くことも徹底しましょう。

 

激しい運動

 

激しい運動をすることでも酵素を大量に消費します。

 

心拍数が上がることで体内のエネルギーを猛烈な勢いで代謝するので、
それにともない代謝酵素を消耗してしまうのです。

 

対策法

 

同窓会までに痩せたいからといって激しい運動をすれば、酵素を大量に消費するので絶対にやめましょう。

 

それよりも心拍数を急上昇させない適度な運動を心がけることが大事です。
そうすれば、酵素を大量に消費しなくて済みますし、全身のシェイプアップにもつながります。
まずは自分の体力にあった、早歩きなどの運動からはじめるのがベストです。

 

西洋薬

 

病院などで処方される西洋薬は人間の体には異物ですので、解毒の必要があり、酵素を使ってしまいます。
また西洋薬には酵素の働きをにぶくすることで、作用するものがたくさんあります。
薬は全身に作用するため、体内の酵素が弱体化してしまうのです。

 

対策法
西洋薬は病院でもらう薬の為、日頃の生活から酵素を積極的に摂取して病気にならない体を作り上げておくしかありません。
酵素を積極的に摂ることで痩せやすい体にもなりますので、まさに一石二鳥の方法です。